大学時代にBarのバイトをおすすめする5つの理由

大学時代にBarのバイトをおススメする5つの理由

こんにちは、元バーテンダーのほっけです。

ほっけは、大学1年~3年までバーでバイトとして働いていました。いわゆるバーテンダーってやつです。

そんな元バーテンダーが、大学生こそバーで働いてほしい理由をお話しします。

大学時代にBarのバイトをおすすめする5つの理由

バーテンダーの仕事は得られるものが多い

バーで働くというと、厳しそう怖そうみたいなイメージを抱く人が多いと思います。

確かにそういった面もあるんですが、バーで働いたことで社会人生活や、普段でも生かすことのできるスキルが身に着くので本当におススメです。

漫画からバーテンダーのことを知るのも面白いですよ!

関連記事

お酒と漫画大好きほっけです 今日は、ほっけがおススメしたいお酒に関する漫画を厳選5冊紹介します! 歴史を知ると味が変わる ウイスキーの成り立ち たとえば、ウイスキーってどんな風に誕生したか知ってますか? 実は、犯罪[…]

おススメ漫画5選

バーの仕事で得られるもの5つ!

①気遣いのプロになれる

圧倒的1位は、気遣いができるようになれることです。

いま、「いや、結構気遣い上手だよ」って思った人こそ働いてください!

プロは圧倒的にが違います。

ほっけも割と人に気遣いができるから余裕そう。なんて思ってましたが、次元が違います。

Barカウンター

相手が求めていることの一手先なんてものじゃなく、5手先を読んで行動します

常に相手が何をしてほしいかを考えているからこそ、バーテンダーってモテるんです。

これは、普段の生活でもクセになって使えるし、仕事でも相手の心を読むって絶対大切なスキルです

②聞く専を極められる

バーテンダーって上手い話ができるなんて思われることもありますが、どっちかっていうと口下手な人が多い印象です。

逆に、話を聞くことはめちゃくちゃ上手い人が多いです。

なぜ多いか?

毎日毎日、お客さんの愚痴や相談事を聞くからです。その話に対してマジレスなんていらず、優しく聞いてあげるのがバーテンダーです。

家庭を持っているオッサンたちの唯一のくつろげる場所だからです。

③お高いお店に連れて行ってもらえる

大学生はお客さんの2回りくらい年下なので、めちゃくちゃ可愛がってもらえます

働いて半年後くらいには、大体の常連さんと仲良くなっているものです。

そうすると、プライベートでご飯に連れて行ってもらえます!

それも、たか~いお店(●´ω`●)

フランス料理PADDA 肉料理

もしかしたら、これが一番の働くメリットかもしれません(笑)

④普段飲めない高いお酒が飲める

これは、お酒が好きな人だけのメリットでしょ?って思う人もいるかもしれないですが、そうじゃないんです。

もちろん、一滴も飲めない人は厳しいかもしれませんが、相当弱い人でない限りメリットの一つです。

市販で流通しないようなお酒とか、大学生が行きがちな居酒屋とかには置いていないお酒がめちゃくちゃ置いてあります。

それをお客さんから営業中にもらったり、営業後に試飲できます。

ホッケが飲んで一番感動したのは「ウッドフォードリザーブ」という7万円もするバーボンです。

⑤就活対策になる

大学3年になったら就活がありますよね!大体の人はあると思います!

そこでオッサンと話してきたことが知らず知らずのうちに神対策になるのです!

なぜなら、就活の面接をするのは対オッサンだから

普段、オッサンと話し慣れていないと、就活でめちゃくちゃ緊張します。で、落ちます(笑)

そこで、バーテンダーでオッサンと話してきたことが活きてくるわけです。

この話は、ほっけが就活本で最も役に立ったと感じる「内定力」にも書いてあります。

ぜひ、オッサンと話すことで就活を楽々パスしましょう!

まとめ

バーって働く場所としてあんまり良いイメージを持たれないんですけど、実はいいことがたくさんあるんです。

もし、バーで働いてみたいなって人がいたら、ぜひ飛び込んでみることをおススメします。

間違いなく、そこら辺の時給だけが高い派遣のバイトなんかよりはおススメします

ちなみに、年数が5年以上は続いているバーで働いてください!

5年続くというのは、素晴らしいバーテンダーがいる証です。

ぜひ、この記事を読んで「そうだ、バーテンダーになろう」ってJRのキャッチフレーズに乗せて、バーテンダーが生まれたら嬉しき事この上なしです。

大学時代にBarのバイトをおすすめする5つの理由
最新情報をチェックしよう!