名古屋栄 味処叶 味噌カツ

元祖味噌カツ「味処 叶」に行ってきた

名古屋のグルメも捨てたもんじゃないぞ!と思うホッケです。

今日は、名古屋名物の味噌カツを食べに行ってきたグルメな記事。

名古屋栄 味処叶 味噌カツ

「味噌カツ」と「矢場とん」の違いとは

ところで「味噌カツ」と「矢場とん」は同じものなのだろうか???

ホッケが調べた感じでは、こんな感じだと思います!

味噌カツと矢場とんの違い

とんかつの草分け的に色々なものが誕生したっぽいです。

名古屋で有名な矢場とんって「矢場のとんかつ」から由来しているもの。だから元を辿ればとんかつ。

味噌カツは、味噌をかけたバージョンかつ丼は丼にしたバージョン

だから上の分解図で合っていると思います。

味処 叶のあれこれ

ほっけが訪れたのは、名古屋栄にある「元祖味噌カツの店 味処 叶

元祖って響きがカッコイイ。

味処叶

歴史あるお店

なんと!
名古屋名物「味噌カツ」は「味処 叶」の先代店主が考案したものなんです!

だから元祖なんですね。

先代は、「敵を出さず、地道にいいものを作り続ければいい」と教えを授け、人気店となった今でも創業当初と変わらない一店舗だけ。

人気店なのにチェーン店展開していないのは、こんな粋な理由からなんですね

すぐ欲に目が眩むホッケとは大違いです。

味処 叶への行き方

名古屋地下鉄栄駅から徒歩約3分!

サカエチカ7番出口から出るとスムーズに行けます!

味処 叶の行き方

メルサ栄の路地裏にお店はあります!

赤い丸で囲んだ看板が目印です。迷わないように行きたいですね。

味処 叶の入り口

入り口がこんな感じ。

中が見えないから入りにくいけど、いざ入店。

味処 叶の雰囲気と料理

お店の雰囲気料理についてレビューしていきます!

老舗の味わいがそこかしこに

一階の様子になります。

味処 叶 内観
出典:味処 叶

店内の写真はカウンターに座り撮ることができなかったので、叶さんのHPから拝借させていただきました(>_<)

雰囲気が、THE老舗のお店って感じで落ち着いています。

左の壁には有名人のサインがたくさん書かれていました!人気店の証拠です!

2階の様子になります。

味処 叶 内観2階
出典:味処 叶

どうやら、2階に通されるときは1階でメニューを決めてから上に上がるみたい!

食事終わりそうな時に入ってきた2人組が、そうやって注文していました。

肉が分厚く、たれが絶妙

一人だったのでカウンターに通されました。

目の前にメニューがあるので、そこからチョイス。

味噌カツのほかに、味噌エビ丼カツライス生姜焼きエビフライライスがあります。

そのほか、いろいろトッピングできるらしく
ネギ、カツ1個、たまご追加などなど自分の好きな丼を完成させることができます。

ホッケが頼んだのは「元祖味噌カツ丼 ねぎトッピング 単品普通盛り

200円くらいプラスすると大盛やみそ汁付きにできたけど、ボリューミーっぽかったからパス。

味処 叶 お冷と漬物

注文を終えたら、水とたくあんが出てきた。

この少量具合がほほ笑ましいくて良い。

案外時間がかかって丼が到着。8分くらいかな。

味処 叶 味噌カツ

ドカンっというインパクト!

大盛にしておかなくてよかったと思った。そのくらいボリューミー。

肝心の味噌が濃すぎなくてチョウドいい感じ。スッて胃に入ってくる。

矢場とんの濃さで苦手な人は、叶の方が絶対好きだと思います。

カツの厚さはこのくらい。しっかり分厚い。

味処 叶 味噌カツ

中央にどっしりと我が物顔で構えていた黄身を崩す。

半生の状態の黄身が溶け出して、食欲増進効果がハンパない。

トッピングのネギが大正解だった

とんかつの脂を感謝してしまうほどに中和してくれる。

22歳。すでに脂がきついお年頃。でも、美味しい脂でしたよ。

店員さんの愛想も素敵だった。いいお店だなぁ。

ごちそうさまでした(●´ω`●)

店名: 味処 叶
住所:名古屋市中区栄3丁目4-110
利用シーン:週一で通いたい
予約:不可

まとめ

名古屋にいるうちにまた行きたいなぁ~と思えたお店でした。

そういえば、元祖ってつくの強みよね。

年数だけはどうしてもクツガエシようがないから。

タイムマシーンが完成したら、どこのお店も元祖ってつけれるよなぁなんて、とりとめもないことを考えてみた。

みなさんも名古屋に来たときは、ぜひ訪れてみて下さい!

名古屋栄 味処叶 味噌カツ
最新情報をチェックしよう!