鶴の恩返しの実話のアイキャッチ画像

鶴の恩返しを経験したはなし。人に親切にすれば、自分にいつか帰ってくるかもと思って生きたいもの。

人にいいことをしたら、いつか巡り巡って自分のところに帰ってくると信じているホッケです。

昔話だと「鶴の恩返し」「傘地蔵」とかとかが当てはまるんじゃないでしょうか。

今日はそんな経験をしたお話。

鶴の恩返しの実話のアイキャッチ画像

鶴の恩返しを経験したはなし

先日の出来事。

チャイムが鳴って玄関に出たら、男性が一人。

男性「あの、お父さんはいらっしゃるでしょうか?」
ほっけ「あ~、仕事です~」
男性「でしたら、これ粗品なんですけどお渡しください。夏ごろに、私の病院の敷地の草がぼうぼうに生えていたのをお父さんが見かねて刈ってくださったんです。本当は、すぐにでもご挨拶にお伺いしたかったんですが・・・」
ほっけ「(おやじ、そんなことしてたんか!!!)わかりました、伝えておきます。」

そして頂いたのが、あら立派( *´艸`)

粗品

ポストカードの裏面に感謝の言葉が書き綴られていて、いい人だなぁと感心。

やだ、ホッケの大好きなもち吉じゃないの(*’ω’*)

もち吉のおせんべい

メッチャ色々入ってる!

バラエティに富んだお煎餅がたくさん!

もち吉のおせんべい

仕事から帰ってきた父親にこのことを伝えてみた。

父「あ~、ウチが貸してる土地でもあるからね~。あまりにも草が生えてたもんだから刈ってあげたのよ。」
ほっけ「でも、貸してるんだから草は刈る必要なくないか?」
父「まぁ、そうなんだけどね~。お金を貰ってばかりでも悪いから。まぁ、草を刈った後からは自分たちでやるようになったみたいよ」
ほっけ「でも、こうしてお煎餅になって帰ってきて得したね」
父「いや、善意でやっただけだからね。なんか、逆に気を遣わせてしまって申し訳ないよ。」

すごいな!この人!!!

仏だ!!!

お煎餅をバリバリ食べながら感心しました。

(※期日指定1月16日までお届け可)もち吉 タグなし 福袋「華」

まとめ

見返りを求めずにした行動が、こういう形で戻ってくると親切にしてよかったかなと思いますよね。

もちろん、見返りありきの行動はあまりよろしくはないけど

いやはや、本当に見返りを一切求めない父親には頭が下がります・・・

まだ22歳。

父親の背中は遠いなぁと、年の瀬に思ったホッケです。

鶴の恩返しの実話のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!